Blog / Column

ブログ・コラム

  1. TOP
  2. ブログ・コラム - 家づくりコラム
  3. Vol.11 地鎮祭ってどんなことするの?紫原・宇宿・桜ヶ丘・谷山・中山で新築をお考えの皆様へ

2019.12.15

家づくりコラム

Vol.11 地鎮祭ってどんなことするの?紫原・宇宿・桜ヶ丘・谷山・中山で新築をお考えの皆様へ

Vol.11 地鎮祭ってどんなことするの?紫原・宇宿・桜ヶ丘・谷山・中山で新築をお考えの皆様へ




こんにちは、今回は地鎮祭についてです。

なかなか耳にすることのない言葉ですよね。

新築住宅を建てるにあたり、その敷地を祓い清めて工事の安全を祈願する「地鎮祭」。

日本ならではの儀式となる地鎮祭は、新築住宅を建築する際のイベントの一つです。

親戚や親から『しなさい』って言われるけど、本当にしないといけないものですか?

とよく質問をいただきます。

地鎮祭をする、しないは個人それぞれの考え方によって違いますので、一概には言えません。

ですので地鎮祭が一体どのようなものなのか、どれくらいの費用がかかるのかなどを

これからご紹介いたします。ぜひ判断材料にどうぞ。


 地鎮祭って何?

地鎮祭と書いて、「じちんさい」と読むほか、「とこしずめのまつり」とも読みます。

地鎮祭の起源は弥生時代であると言われ、歴史ある儀式でもあります。

地鎮祭とは建物を建てたり土木工事を始める前に行う、工事の安全や建物・家の繁栄を

祈る儀式のことを言います。家を建てる土地周辺地域を守ってくださる氏神様の神主を

お招きして、地鎮祭の儀式を行います。

地鎮祭を執り行うタイミングは、着工前になります。

また適切な日程として、住宅建築における縁起が良い日とされていますが、

冠婚葬祭で使われる六曜(大安・仏滅など)とは別に建築吉日を示す

十二直(建・平・満など)も用いられます。




地鎮祭の流れ

地鎮祭って実際には何をやるの?

そんな方のために、ざっくりと地鎮祭の流れについてご説明していきます。

 

1 修祓の儀
地鎮祭の参加者や祭壇、お供え物をお祓いします。

2 降神の儀
神主が神様を呼びます。

3 献饌
神様にお供え物(お酒と水)をお供えします。

4 祝詞奏上
工事の安全と家の繁栄を祈願する祝詞を、神主が関係者の名前と一緒に読み上げます。

5 切麻散米
神主が切麻を巻いて土地を清めます。

6 地鎮の儀
設計士が鎌で草を刈り(苅初の儀)、建て主が鋤で土をおこし(穿初の儀)、施工者が鍬でおこした土をならします(土均の儀)。

7 玉串奉奠
榊の枝に紙垂をつけた玉串というものを神様に捧げます。

8 撤饌
最初にお供えしたお酒と水に蓋をして、お供え物をお下げします。

9 昇神の儀
神様にお帰りになっていただきます。

10 閉式の辞
地鎮祭終了。

長そうに見えますが、実際はそんなに時間はかかりません。

昔に比べて随分と簡易的になり、かかる時間はおよそ30分から1時間程度で終わります。




 

 どれくらいの費用が必要?

一番気になるのが、地鎮祭にかかる費用ですよね。これが、実はリーズナブルなんです。

一般的な地鎮祭の準備物として
・お供え物(米・酒・塩など自然の幸)
・榊(さかき)
・祭壇
・参加人数分の杯
・初穂料(または玉串料)

が挙げられます。

殆どの準備物は依頼した神社もしくは建築会社が手配してくれるケースが多いです。

準備物について確認し、全て手配してくれるようであれば、

施主が準備するのは初穂料のみになります。

初穂料(仏式の場合はお布施)ですが、金額は地域ごとによって相場が違います。

一般の平均金額としては2万円から5万円が相場。

その他に、近隣への挨拶として配布する粗品、などに費用が発生しますので、

地鎮祭の費用としては3万円〜5万円程度でしょう。

迷っていた方も、お値段を聞いて「これくらいならやってもいいか」

とおっしゃって地鎮祭を行うこともよくあります。

のちのちなにかが起こった時に「地鎮祭してないからこうなった」と言われるよりは、

しておいた方が精神的にも楽かもしれませんね。

地鎮祭をするか、しないかでお悩みの方には「しても後悔はしないと思います」

とおすすめします。

人生でほぼ一度しか経験しないだろう儀式ですからやってみることもひとつの選択肢ですね。

当社では、地鎮祭をはじめ、様々なことを全力でサポートしております。

お家づくりを考えはじめられた方、何もわからなくて困っている方はお話を聞きに

是非いらしてください!いつでもお待ちしております^^

一覧に戻る
来場予約はこちら 来場予約はこちら
CLOSE
TOPへ