HOME > スタッフ日記 > 建物の大きさ(広さ)には制限があるんです!

BLOGスタッフ日記

2014.09.01

建物の大きさ(広さ)には制限があるんです!

こんにちは!

相変わらず、更新が遅れ気味でごめんなさい。

昨日は、めずらしく日中寝込んでいました。

かなり丈夫なほうなんですが、夏の疲れ?

今日から学校もはじまりましたね!

暑い日も続きますが、ハリキッていきましょう!!

 

さて、土地って自分の土地だからってどんな建物を建ててもいいって

わけじゃありません。 これはなんとなくわかりますよね。

いろんなルールがありまして、その一つ。

建物の大きさ(広さ)には制限があるんです!

まずひとつ。

★建蔽率

簡単に言うと、敷地の何%まで建物を載せていいかってこと。

 

 

中山あたりだと50%、谷山市街地で60%、宇宿・桜ヶ丘は50%、紫原60%・・。

といったところでしょうか。 ※天文館だと80%くらいになっちゃいます。

 

40坪の土地買っても20坪までしか載せられないわけ。

半分しか使えない?!ってなんかもったいないですよね~。

ただ、その分敷地に余裕があるため、ゴチャゴチャとした街づくりに

はなりにくく、陽当たり・通風もよいので環境としては良いのです。

 

★容積率

これは、敷地の何倍まで建物の総床面積を設けていいかってこと。

50%は0.5倍、200%は2倍ってことになります。

この数値が大きくなればなるほど、マンションやビルなどが建てやすくなってくる。

これも

 

 

中山あたりだと80%、谷山市街地で200%、宇宿・桜ヶ丘は80%、紫原200%・・。

といったところでしょうか。 ※天文館だと400%超になっちゃいます!

 

住宅地の場合、80%ってところが多いので、

3LDK+和室付(床面積30坪) だと、敷地が40坪近くないと

成り立ちません。 ( 35坪の場合 80%=28坪:NG 40坪の場合 80%=32坪:OK )

おわかりでしょうか?

 

それと、清和小近郊は、

 

建蔽率40%容積率60%とかなり低くなっています。

40坪の土地でも、3LDK(24坪)が精いっぱい。 

 

 

基本中の基本、建蔽率と容積率。 お気を付け下さい!!

 

 


スタッフ日記一覧に戻る
24時間
受付

来店予約受付中!

簡単フォーム入力30

イオン商品券1,000円分
もれなくプレゼント

来店予約はこちら

イオン商品券
掲載の情報・画像等全てのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
ページの先頭へ
来場予約でイオン商品券プレゼント イオン商品券

1,000

今すぐ
予約する